4. ステータス変数の一覧

独自に追加されたステータス変数を説明します。

4.1. Mroonga_count_skip

行カウント高速化機能が動作する度にカウントアップされます。スキーマ/SQLチューニングを行って行カウント高速化機能を利用できるようにした際の動作確認に利用できます。

確認例です:

mysql> SHOW STATUS LIKE 'Mroonga_count_skip';
+--------------------+-------+
| Variable_name      | Value |
+--------------------+-------+
| Mroonga_count_skip | 0     |
+--------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

4.2. Mroonga_fast_order_limit

ORDER BY LIMIT 高速化機能が動作する度にカウントアップされます。スキーマ/SQLチューニングを行って ORDER BY LIMIT 高速化機能を利用できるようにした際の動作確認に利用できます。

確認例です:

mysql> SHOW STATUS LIKE 'Mroonga_fast_order_limit';
+--------------------------+-------+
| Variable_name            | Value |
+--------------------------+-------+
| Mroonga_fast_order_limit | 0     |
+--------------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

4.3. Mroonga_condition_push_down

コンディションプッシュダウンを使う度にカウントアップします。コンディションプッシュダウンが使われたかどうかを確認するために利用できます。

確認例です:

mysql> SHOW STATUS LIKE 'Mroonga_condition_push_down';
+-----------------------------+-------+
| Variable_name               | Value |
+-----------------------------+-------+
| Mroonga_condition_push_down | 1     |
+-----------------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

4.4. Mroonga_n_pooling_contexts

mroonga_command() 用にプールしているコンテキストの数を示します。このコンテキストは複数の mroonga_command() 呼び出しで再利用します。そのため、継続的に増え続けるということはありません。

確認例です:

mysql> SHOW STATUS LIKE 'Mroonga_n_pooling_contexts';
+----------------------------+-------+
| Variable_name              | Value |
+----------------------------+-------+
| Mroonga_n_pooling_contexts | 0     |
+----------------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)