5.4. mroonga_normalize()

5.4.1. 概要

mroonga_normalize() UDFはGroongaのノーマライザーによってテキストをノーマライズします。

5.4.2. 構文

mroonga_normalize() には必須引数と省略可能引数とがあります。:

mroonga_normalize(string)
mroonga_normalize(string, normalizer_name)

5.4.3. 使いかた

Groongaの NormalizerAuto ノーマライザーを使用した実行例はこちらです

SELECT mroonga_normalize("ABCDあぃうぇ㍑");
abcdあぃうぇリットル

Groongaの NormalizerMySQLUnicodeCIExceptKanaCIKanaWithVoicedSoundMark ノーマライザーを使用した実行例はこちらです

SELECT mroonga_normalize("aBcDあぃウェ㍑", "NormalizerMySQLUnicodeCIExceptKanaCIKanaWithVoicedSoundMark");
ABCDあぃうぇ㍑

5.4.4. 引数

5.4.4.1. 必須引数

必須引数は string です。

5.4.4.1.1. string

ノーマライズしたいテキストを指定します。

5.4.4.2. 省略可能引数

normalizer_name は省略可能な引数です。

5.4.4.2.1. normalizer_name

Groongaのノーラマイザー名を指定します。

デフォルト値は NormalizerAuto です。

5.4.5. 返り値

エスケープされた文字列を返します。