4.1. インストールチェック

Mroongaを使う前にMroongaのインストールチェックをした方がよいです。もし、Mroongaのインストールに失敗していると、このチュートリアルででてくるSQLが失敗してしまいます。

MySQLサーバの起動停止方法は通常のMySQLと同じです。

MySQLサーバを起動した上でmysqlコマンドで接続します。パスワードを設定済みの場合は -p オプションでパスワードを指定して下さい。

% mysql -uroot test

SHOW ENGINES コマンドでMroongaがインストールされているかどうかを確認します。

SHOW ENGINES;
-- +------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
-- | Engine     | Support | Comment                                                    | Transactions | XA   | Savepoints |
-- +------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
-- | Mroonga    | YES     | Fulltext search, column base                               | NO           | NO   | NO         |
-- | MRG_MYISAM | YES     | Collection of identical MyISAM tables                      | NO           | NO   | NO         |
-- | CSV        | YES     | CSV storage engine                                         | NO           | NO   | NO         |
-- | MyISAM     | DEFAULT | Default engine as of MySQL 3.23 with great performance     | NO           | NO   | NO         |
-- | InnoDB     | YES     | Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES          | YES  | YES        |
-- | MEMORY     | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables  | NO           | NO   | NO         |
-- +------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
-- 6 rows in set (0.00 sec)

上記のように Mroonga ストレージエンジンが見えていればインストールは無事完了しています。

もし Mroonga が表示されていない場合は以下のコマンドを実行してください。もし、Mroongaをパッケージでインストールしていない場合は install.sql のパスが違うかもしれません。:

% mysql -uroot test < /usr/share/mroonga/install.sql

install.sql が見つからない場合は、以下のように手動で INSTALL PLUGIN コマンドを実行します。

INSTALL PLUGIN Mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';