お知らせ

7.01リリース - 2017-03-29

改良

  • [CentOS] EOLのため、CentOS 5のサポートをやめました。

  • [ストレージモード] ALTER TABLE ADD/DROP FOREIGN KEY をサポートしました。

  • [ストレージモード] ENUM を使っている場合の ORDER LIMIT 最適化をサポートしました。[groonga-dev,04277] [村田さんが報告]

  • [ストレージ] カラムのZSTD圧縮フラグ(COMPRESS_ZSTD)をサポートしました。 [GitHub#133] [村上さんがパッチ提供]

  • [サーバ変数の一覧] mroonga_libgroonga_support_zstd サーバー変数のドキュメントを追加しました。 [GitHub#133] [村上さんがパッチ提供]

  • [インストール] リソースのダウンロードに https://packages.groonga.org を推奨するようにしました。

修正

  • [ストレージモード] log-bin と COLLATE が指定されている場合、 UPDATE PRIMARY KEY で更新エラーになる問題を修正しました。 [GitHub#132] [kitoraさんが報告]

  • 設定していないのに FOREIGN KEY が意図せずダンプされる不具合を修正しました。 [groonga-dev,04276] [村田さんが報告]

感謝

  • kitoraさん

  • 村田さん

  • 村上さん

7.00リリース - 2017-02-09

改良

  • [CentOS] EPELをパッケージインストール時に有効にするようにしました。

  • FOREIGN KEY 制約を UPDATE と 親側の行を DELETE するときにもサポートしました。以前のバージョンでは、 INSERT 時のみサポートしていました。

  • [ストレージモード] 主キーをもつテーブルでbinlogを使っていても、レコードの更新をサポートしました。以前は更新時に構文エラーになっていました。 [GitHub#130] [Reported by kitora]

感謝

  • kitoraさん

過去のリリース