お知らせ

7.07リリース - 2017-10-12

改良

  • [mroonga_query_expand] mroonga_query_expand UDFを追加しました。同義語テーブルを用意しておけば、クエリに含まれる語の同義語を mroonga_query_expand で展開できます。この関数を使うためには Groonga 7.0.6以降が必要です。
  • [rpm][centos] 最新のPercona Server 5.7.19-17.1をサポートしました。 [tigersun2000さんが報告]
  • [rpm][centos] MariaDB 5.5.56-2をサポートしました。 [@akiko_pusuさんが報告]
  • [rpm][centos] MariaDB公式が提供するMariaDB 10.1/10.2をサポートしました。

修正

  • "DROP DATABASE" したときに誤ったデータベースが使われてしまう可能性のある不具合を修正しました。この不具合により内部で使っている "mroonga_operations" テーブルが意図せず削除されてしまうため、クラッシュする可能性があります。この不具合は次の2つの条件を満たすと発生します:

    1. Mroongaを使っているデータベースが複数あること
    2. "DROP DATABASE" をMroongaのテーブルを作成していないデータベースに対して実行すること

    意図しない結果として、 "DROP DATABASE x" は 既存の "y" データベースの "mroonga_operations" テーブルを削除してしまいます。

  • CHECK TABLEしたあとにクラッシュする不具合を修正しました。 [GitHub#167] [GMOメディア株式会社さんが報告]

  • [deb][mariadb10] lsb-releaseパッケージへの依存関係を追加しました。preinst や postrm などメンテナスクリプトに必要でした。 [GitHub#169] [すぎうらさんがパッチ提供]

感謝

  • @tigersun2000さん
  • @akiko_pusuさん
  • GMOメディア株式会社さん
  • すぎうらさん

7.06リリース - 2017-08-29

改良

  • [mroonga_highlight_html()] mroonga_highlight_html の使用方法を追記しました。
  • Generated Columnをサポートしました。JSON型のカラムから値を取り出した結果をカラムとして実体化して全文検索できるので便利です。 [GitHub#159,#160,#163] [村上さんがパッチ提供]
  • mroonga_enable_operations_recording サーバー変数を追加しました。 [GitHub#158] [村上さんがパッチ提供]
  • MariaDB 10.2 と MySQL 5.7 で VIRTUAL Generated Columnをサポートしました。 [GitHub#161,#162] [村上さんがパッチ提供]
  • MariaDB 10.1.26に対応しました。
  • [rpm][centos] Percona Server 5.6.36 rel82.1 と 5.7.18-16 をサポートしました。 [Gitter/ja:59894500bc46472974622cbd] [@tigersun2000_twitterさんが報告]
  • [rpm][centos] CentOS 7にてMySQL 5.6.37 と MySQL 5.7.19に対応しました。 [groonga-dev,04441] [各務さんが報告]

感謝

  • 村上さん
  • @tigersun2000_twitterさん
  • 各務さん

7.05リリース - 2017-07-29

改良

  • Groongaのクエリーログをサポートしました。 mroonga_query_log_file 変数を指定してください。 [GitHub#148]
  • MariaDB 10.2.7をサポートしました。 [groonga-dev,04397] [かとうさんが報告]
  • [mroonga_command()] データベース名が特別な名前( 例えば db-1 )な場合もサポートしました。データベース名に - が含まれていても大丈夫です。
  • [mroonga_command()] コマンドの自動エスケープに対応しました。Groongaの機能をMroongaから使いやすくなります。
  • MariaDB 5.5.57に対応しました。
  • [rpm][centos] CentOS 6にてMySQL 5.6.37-2 と MySQL 5.7.19-1に対応しました。 [groonga-dev,04403] [各務さんが報告]
  • [Ubuntu] Ubuntu 16.10(Yakkety Yak)のサポートをやめました。2017年7月20日でサポートが切れた(EOLになった)ためです。
  • [mroonga_highlight_html()] 対象となるカラムや文字列をハイライトする関数をサポートしました。

修正

  • 内部的に有効なインデックスが見つからない場合にクラッシュする不具合を修正しました。 [Gitter:groonga/ja:596714a5c101bc4e3a7db4e5] [K Torimotoさんが報告]

感謝

  • K Torimotoさん
  • かとうさん
  • 各務さん

7.04リリース - 2017-06-29

改良

  • ヒットしたレコード用に一時テーブルを作成しようとして失敗したときにエラーメッセージをだすようにしました。この種のエラーはインデックスが壊れているときに発生します。
  • [Debian GNU/Linux] Debian 9 (stretch)をサポートしました。

修正

  • 内部で呼び出している関数 grn_table_setoperation を呼ぶ前の NULL チェックが抜けているせいでクラッシュする不具合を修正しました。このようなクラッシュはインデックスが壊れているときに発生します。

7.03リリース - 2017-05-29

改良

  • [制限事項] カラムのNULL値に関する制限情報を更新しました。 [Gitter/ja] [@bignum_twitterさんが報告]
  • INDEX_MEDIUMINDEX_SMALL フラグをサポートしました。 [GitHub#141] [村上さんがパッチ提供]
  • [CentOS] 最新のPercona Server 5.6/5.7をサポートしました。 [@pinpikokunさんが報告]

感謝

  • @bignum_twitterさん
  • @pinpikokunさん
  • 村上さん

7.02リリース - 2017-04-29

改良

  • [Ubuntu] EOLのため、Ubuntu 12.04 (Precise Pangolin)のサポートをやめました。
  • [Ubuntu] Ubuntu 17.04 (Zesty Zapus)をサポートしました。

修正

  • [CentOS] MySQL 5.6.36とMySQL 5.7.18でビルドエラーになる問題を修正しました。
  • [cmake] Mroongaがバンドルされているがシステムの libgroonga を使う場合に libgroonga がリンクされていない問題を修正しました。 [GitHub#137] [村上さんがパッチ提供]

感謝

  • 村上さん

7.01リリース - 2017-03-29

改良

  • [CentOS] EOLのため、CentOS 5のサポートをやめました。
  • [ストレージモード] ALTER TABLE ADD/DROP FOREIGN KEY をサポートしました。
  • [ストレージモード] ENUM を使っている場合の ORDER LIMIT 最適化をサポートしました。[groonga-dev,04277] [村田さんが報告]
  • [ストレージ] カラムのZSTD圧縮フラグ(COMPRESS_ZSTD)をサポートしました。 [GitHub#133] [村上さんがパッチ提供]
  • [サーバ変数の一覧] mroonga_libgroonga_support_zstd サーバー変数のドキュメントを追加しました。 [GitHub#133] [村上さんがパッチ提供]
  • [インストール] リソースのダウンロードに https://packages.groonga.org を推奨するようにしました。

修正

  • [ストレージモード] log-bin と COLLATE が指定されている場合、 UPDATE PRIMARY KEY で更新エラーになる問題を修正しました。 [GitHub#132] [kitoraさんが報告]
  • 設定していないのに FOREIGN KEY が意図せずダンプされる不具合を修正しました。 [groonga-dev,04276] [村田さんが報告]

感謝

  • kitoraさん
  • 村田さん
  • 村上さん

7.00リリース - 2017-02-09

改良

  • [CentOS] EPELをパッケージインストール時に有効にするようにしました。
  • FOREIGN KEY 制約を UPDATE と 親側の行を DELETE するときにもサポートしました。以前のバージョンでは、 INSERT 時のみサポートしていました。
  • [ストレージモード] 主キーをもつテーブルでbinlogを使っていても、レコードの更新をサポートしました。以前は更新時に構文エラーになっていました。 [GitHub#130] [Reported by kitora]

感謝

  • kitoraさん

過去のリリース