2.4. Ubuntu

このセクションではUbuntu上でMroonga関連のdebパッケージをインストールする方法を説明します。これらのパッケージは apt でインストールできます。

32-bit用と64-bit用のパッケージを配布していますが、サーバ用途には64-bitパッケージを利用することをオススメします。32-bit用パッケージはテスト用か開発用にだけ使って下さい。32-bit用パッケージを使った場合は、中程度のサイズのデータでもメモリ不足エラーになることがあります。

2.4.1. PPA (Personal Package Archive)

Ubuntu用のMroongaのAPTリポジトリーはLaunchpad上のPPA(Personal Package Archive)を使っています。このPPAからAPTでMroongaをインストールできます。

サポートしているUbuntuのバージョンは次の通りです。

  • 14.04 LTS Trusty Tahr
  • 16.04 LTS Xenial Xerus
  • 16.10 Yakkety Yak
  • 17.04 Zesty Zapus

MariaDBをサポートしているUbuntuのバージョンは次の通りです。

  • 16.04 LTS Xenial Xerus

Mroongaをインストールするときは、universeリポジトリーとセキュリティアップデートリポジトリを有効にしてください。:

% sudo apt-get install -y -V software-properties-common lsb-release
% sudo add-apt-repository -y universe
% sudo add-apt-repository "deb http://security.ubuntu.com/ubuntu $(lsb_release --short --codename)-security main restricted"

ppa:groonga/ppa PPAをシステムに追加します:

% sudo add-apt-repository -y ppa:groonga/ppa
% sudo apt-get update

MySQL用のMroongaをインストール:

% sudo apt-get install -y -V mysql-server-mroonga

MariaDB用のMroongaをインストール:

% sudo apt-get install -y -V mariadb-server-mroonga

トークナイザーとして MeCab を利用したい場合はgroonga-tokenizer-mecabをインストールしてください。

groonga-tokenizer-mecabをインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-tokenizer-mecab