2.1. Windows

このセクションではWindows上でMroongaをインストールする方法を説明します。Mroongaをインストールするにはzipパッケージを展開します。

MroongaのWindowsバイナリはMariaDBのバイナリと一緒に提供しています。これは、MroongaのWindows版をビルドするのに MariaDB本体にいくつかの変更 が必要だからです。

32-bit用と64-bit用のパッケージを配布していますが、サーバ用途には64-bitパッケージを利用することをオススメします。32-bit用パッケージはテスト用か開発用にだけ使って下さい。32-bit用パッケージを使った場合は、中程度のサイズのデータでもメモリ不足エラーになることがあります。

2.1.1. インストーラー

ご用心

以下のMSIファイルは動きません。zipファイルを使うか、正常に動くMSIファイルの作成に協力をお願いします。

MSIファイルをダウンロードして実行してください。環境に合わせてMSIを選んでください。

32-bit環境なら win32 バージョンを選んでください。64-bit環境なら winx64 を選んでください。

2.1.2. Zip

zipファイルをダウンロードして展開してください。環境に合わせてzipファイルを選ぶ必要があります

32-bit環境なら win32 バージョンを選んでください。64-bit環境なら winx64 を選んでください。

ZIPパッケージはあらかじめ設定済みなので、 INSTALL PLUGINCREATE FUNCTION の実行は不要です。

次のように単にmysqldを起動します:

> mysqld.exe --defaults-file=.\MY-PREFERRED-INI.ini --console

それぞれのzipパッケージにはiniファイルが含まれています。(my-small.iniやmy-medium.ini、my-large.iniなど) 適切なiniファイルを選択してください。

MariaDBに次のコマンドで接続します:

> mysql.exe
MariaDB [(none)]> SHOW ENGINES;
+--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| Engine             | Support | Comment                                                    | Transactions | XA   | Savepoints |
+--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| CSV                | YES     | CSV storage engine                                         | NO           | NO   | NO         |
| PERFORMANCE_SCHEMA | YES     | Performance Schema                                         | NO           | NO   | NO         |
| MEMORY             | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables  | NO           | NO   | NO         |
| MyISAM             | YES     | MyISAM storage engine                                      | NO           | NO   | NO         |
| MRG_MyISAM         | YES     | Collection of identical MyISAM tables                      | NO           | NO   | NO         |
| InnoDB             | DEFAULT | Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES          | YES  | YES        |
| Mroonga            | YES     | CJK-ready fulltext search, column store                    | NO           | NO   | NO         |
| Aria               | YES     | Crash-safe tables with MyISAM heritage                     | NO           | NO   | NO         |
+--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
8 rows in set (0.00 sec)

2.1.3. MariaDBと一緒にソースからビルド

Mroongaプロジェクトが提供しているMroongaを含んだMariaDBのソースを使う必要があります。

このソースは https://packages.groonga.org/source/mroonga/ にあります。Mroongaを含んだMariaDBのソースは mariadb-${MARIADB_VERSION}-with-mroonga-${MROONGA_VERSION}.zip というファイル名になっています。

このソースは MariaDBの標準的なビルド方法 でビルドできます。

MariaDBをビルドしたらMroongaを登録する必要があります。 ${MARIADB_BUILD_DIR}\storage\mroonga\data\install.sql にあるSQLを使ってMroongaを登録してください。