Mroongaブログ

2019-03-29

Mroonga 9.01リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 9.01 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するテーブルやコメントのパラメータのサポートを強化しました。
  • 最新のMariaDBやPercona Serverをサポートしました。
  • MariaDBをバンドルしたパッケージをAppVeyorでビルドできるようにしました。(まだTODOあり)

トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するテーブルやコメントのパラメータのサポートを強化

今回のリリースでは、トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するサポートを強化しました。

ストレージモードでは、トークナイザーのオプションを COMMENT に指定できます。

CREATE TABLE foo (...) COMMENT='tokenizer "TokenNgram('n', 4)"'

従来の default_tokenizer は非推奨になりました。上記のように tokenizer を使ってください。

インデックスのパラメータとして LEXICON を指定します。

FULLTEXT INDEX foo (bar) LEXICON='terms'

あるいは次のように指定します。

FULLTEXT INDEX foo (bar) COMMENT 'lexicon "terms"'

MariaDBでは、 TOKENIZER, NORMALIERTOKEN_FILTERS をテーブルのパラメータに指定できます。

CREATE TABLE foo (...) TOKENIZER='TokenNgram("n", 4)'
CREATE TABLE foo (...) NORMALIZER='NormalizerNFKC100("unify_kana", true)'
CREATE TABLE foo (...) TOKEN_FILTERS='TokenFilterNFKC100("unify_katakana_v_sounds", true)'

最新のMariaDBやPercona Serverをサポートしました

今回のリリースでは、以下の最新の MariaDB/Percona Server をサポートしました。

  • Percona Server 5.7.25-28.
  • MariaDB 10.3.13.
  • MariaDB 10.2.23.

MariaDBをバンドルしたパッケージをAppVeyorでビルドできるようにしました

これまで、AppVeyor は単にWindowsでのビルドテストだけにしか使っていませんでした。 そのため、リリース用のパッケージは手動でビルドしていました。

AppVeyorでもパッケージをビルドできるようにしたので、artifactsのリンクからパッケージをダウンロードできるようになりました。

GitHubのリリースページからパッケージがダウンロードできる点には変更ありません。

おわりに

9.00からの詳細な変更点は9.01リリース - 2019-03-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2019-02-09

Mroonga 9.00リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 9.00 をリリースしました!

メジャーバージョンアップです! メジャーバージョンアップですが、互換性は壊れていないので、データベースを再構築することなく9.00へアップグレードできます。

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • MariaDB 10.3.12をサポートしました。
  • MariaDB 10.2.21をサポートしました。
  • Percona Server 5.7.24-27をサポートしました。
  • Percona Server 5.6.43 rel84.3をサポートしました。
  • MySQL 5.7.25をサポートしました。
  • MySQL 5.6.43をサポートしました。

Groonga 9.0.0 にて、 TokenPatternTokenTable トークナイザーと NormalizerNFKC100remove_blank をサポートしました。 Groonga 9.0.0 にアップグレードすることで、Mroonga 9.00からこれらを使えます。

おわりに

8.09からの詳細な変更点は9.00リリース - 2019-02-09を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2018-11-29

Mroonga 8.09リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 8.09 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • Ubuntu 18.10 (Cosmic Cuttlefish)をサポートしました。
  • MariaDB 10.3.10をサポートしました。
  • MariaDB 10.2.19をサポートしました。
  • MariaDB 10.1.37をサポートしました。
  • Percona Server 5.7.23-25をサポートしました。
  • MariaDB 10.3.11をサポートしました。
  • MySQL 5.6.42をサポートしました。
  • MySQL 5.7.24をサポートしました。

訂正: MySQL 8サポートの記載を削除しました。

MySQL 8に対応したとお伝えししましたが、現在も対応中となります。 誤った情報をお伝えしてしまいすみませんでした。

おわりに

8.07からの詳細な変更点は8.09リリース - 2018-11-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2018-09-29

Mroonga 8.07リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 8.07 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • tokenizerの off オプション指定は非推奨になりました
  • MariaDB 10.1.36をサポートしました

tokenizerの off オプション指定は非推奨になりました

トークナイザーの種類をtokenizerのオプションに指定できますが、off オプションの指定は非推奨になりました。 今後は none を使うようにしてください。

変更前:

FULLTEXT INDEX (content) COMMENT 'tokenizer "off"'

変更後:

FULLTEXT INDEX (content) COMMENT 'tokenizer "none"'

このようにした理由は、ノーマライザーやPGroongaでの指定が none なのでそちらにあわせるようにしたためです。

MariaDB 10.1.36をサポートしました

MariaDB 10.1.36以降にはいった変更でMroongaがビルドできなくなっていた問題を修正しました。 この修正にあわせて、MariaDB 10.2系では10.2.2(2016年9月27日リリース)以前のバージョンをサポートしなくなりました。

おわりに

8.06からの詳細な変更点は8.07リリース - 2018-09-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2018-08-29

Mroonga 8.06リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 8.06 をリリースしました!

変更点

今回のリリースからGroonga 8.0.4以降が必要になります。Mroongaをすでにインストールしていて、かつGroonga 8.0.4以降をインストールしていない場合、MySQLが自動的に再起動されます。Mroonga 8.06が必要としているGroonga 8.0.4以降が、MySQLが再起動されるまで有効にならないためです。

主な変更点は以下の通りです。

  • utf8mb4_0900族の照合順序をサポートしました。この変更により、groonga-normalizer-mysql 1.1.3以降とGroonga 8.0.4以降が必要になります。
  • トークナイザーのオプションをサポートしました。
  • [Windows] ベースにしているMariaDBを10.3.9にアップデートしました。
    • 注意: MariaDB 10.3にアップグレードする前に、既存のMariaDB 10.1のデータベースをダンプする必要があります。そのあと、アップグレード後にリストアしてください。
  • [Debian GNU/Linux] Debian 8 (jessie) のサポートをやめました。
  • [Ubuntu] Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) のサポートをやめました。

お知らせ

9月20日(木)の9:30から、db tech showcase Tokyo 2018というイベントでMroongaに関する発表があります。 朝一番の枠のためあまり人がこなそうなので、お時間のある方はぜひお越しください。

イベント情報

db tech showcase Tokyo 2018

  • 場所: 秋葉原UDX カンファレンス (6F) (東京都千代田区外神田4-14-1)
  • 参加費: 無料 (事前登録制)

発表タイトル

MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム

発表概要

ナイーブな全文検索は単なる中間一致検索です。しかし、現実に人が入力するテキストは揺れまくっているので単なる中間一致検索では必要な情報を見つけられません。たとえば、「(090)1234-5678」も「090ー1234ー5678」も「09012345678」もすべて同じ電話番号として扱いたいのが現実です。

MySQLとPostgreSQLの全文検索機能ではこのようにゆるい全文検索を高速に実現することができません。そこでMroonga・PGroongaです。Mroonga・PGroongaを使ってMySQL・PostgreSQLだけで高速にゆるく全文検索する方法を紹介します。

タイムテーブル

https://www.db-tech-showcase.com/dbts/tokyo#link-9-1

おわりに

8.03からの詳細な変更点は8.06リリース - 2018-08-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!