Mroongaブログ

2019-05-29

Mroonga 9.03リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 9.03 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • INDEX_LARGE フラグをサポートしました
  • 最新の MySQL/MariaDB/Percona Serverをサポートしました
  • MariaDB 10.1/10.2 向けのwindowsパッケージを再度サポートしました

INDEX_LARGE フラグをサポートしました

今回のリリースでは INDEX_LARGE フラグをサポートしました。

このフラグは、大きなデータをサポートするインデックスを作成するのに使います。 大きなデータといっても、データに依存します。ただ一定の指標があって、それは1000万レコードあり、マルチカラムインデックスを使っているか、インデックスのテーブルにトークナイザーが指定されているかどうかです。

INDEX_FLAG は次のように COMMENT で指定します。

CREATE TABLE memos (
  content VARCHAR(64) NOT NULL,
  KEY (content) COMMENT 'flags "INDEX_LARGE"'
) ENGINE=Mroonga DEFAULT CHARSET=utf8mb4;

注意事項として、INDEX_FLAG を使うことで、通常のインデックスの2倍程度メモリ使用量が増えます。

最新の MySQL/MariaDB/Percona Serverをサポートしました

今回のリリースでは、以下の最新の MySQL/MariaDB/Percona Server をサポートしました。

  • MySQL 5.6.44, 5.7.26
  • MariaDB 10.1.40.
  • MariaDB 10.2.24.
  • MariaDB 10.3.14, 10.3.15.
  • Percona Server 5.6.44.

MariaDB 10.1/10.2 向けのwindowsパッケージを再度サポートしました

前回のリリースで明示的にアナウンスしていませんでしたが、MariaDB 10.3にMroongaをバンドルしたWindowsのパッケージ(zip)だけでなく、10.1や10.2のパッケージの提供をはじめました。

もし、古いバージョンのMariaDB (10.1や10.2) をバンドルしているMroongaのパッケージを使っているなら、同系統のバージョンでのアップグレードがしやすくなりますね。

これを機会に新しいMroongaを試してみてください。

おわりに

9.03からの詳細な変更点は9.03リリース - 2019-05-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2019-03-29

Mroonga 9.01リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 9.01 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するテーブルやコメントのパラメータのサポートを強化しました。
  • 最新のMariaDBやPercona Serverをサポートしました。
  • MariaDBをバンドルしたパッケージをAppVeyorでビルドできるようにしました。(まだTODOあり)

トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するテーブルやコメントのパラメータのサポートを強化

今回のリリースでは、トークナイザーやノーマライザー、インデックスに関するサポートを強化しました。

ストレージモードでは、トークナイザーのオプションを COMMENT に指定できます。

CREATE TABLE foo (...) COMMENT='tokenizer "TokenNgram('n', 4)"'

従来の default_tokenizer は非推奨になりました。上記のように tokenizer を使ってください。

インデックスのパラメータとして LEXICON を指定します。

FULLTEXT INDEX foo (bar) LEXICON='terms'

あるいは次のように指定します。

FULLTEXT INDEX foo (bar) COMMENT 'lexicon "terms"'

MariaDBでは、 TOKENIZER, NORMALIERTOKEN_FILTERS をテーブルのパラメータに指定できます。

CREATE TABLE foo (...) TOKENIZER='TokenNgram("n", 4)'
CREATE TABLE foo (...) NORMALIZER='NormalizerNFKC100("unify_kana", true)'
CREATE TABLE foo (...) TOKEN_FILTERS='TokenFilterNFKC100("unify_katakana_v_sounds", true)'

最新のMariaDBやPercona Serverをサポートしました

今回のリリースでは、以下の最新の MariaDB/Percona Server をサポートしました。

  • Percona Server 5.7.25-28.
  • MariaDB 10.3.13.
  • MariaDB 10.2.23.

MariaDBをバンドルしたパッケージをAppVeyorでビルドできるようにしました

これまで、AppVeyor は単にWindowsでのビルドテストだけにしか使っていませんでした。 そのため、リリース用のパッケージは手動でビルドしていました。

AppVeyorでもパッケージをビルドできるようにしたので、artifactsのリンクからパッケージをダウンロードできるようになりました。

GitHubのリリースページからパッケージがダウンロードできる点には変更ありません。

おわりに

9.00からの詳細な変更点は9.01リリース - 2019-03-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2019-02-09

Mroonga 9.00リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 9.00 をリリースしました!

メジャーバージョンアップです! メジャーバージョンアップですが、互換性は壊れていないので、データベースを再構築することなく9.00へアップグレードできます。

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • MariaDB 10.3.12をサポートしました。
  • MariaDB 10.2.21をサポートしました。
  • Percona Server 5.7.24-27をサポートしました。
  • Percona Server 5.6.43 rel84.3をサポートしました。
  • MySQL 5.7.25をサポートしました。
  • MySQL 5.6.43をサポートしました。

Groonga 9.0.0 にて、 TokenPatternTokenTable トークナイザーと NormalizerNFKC100remove_blank をサポートしました。 Groonga 9.0.0 にアップグレードすることで、Mroonga 9.00からこれらを使えます。

おわりに

8.09からの詳細な変更点は9.00リリース - 2019-02-09を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2018-11-29

Mroonga 8.09リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 8.09 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • Ubuntu 18.10 (Cosmic Cuttlefish)をサポートしました。
  • MariaDB 10.3.10をサポートしました。
  • MariaDB 10.2.19をサポートしました。
  • MariaDB 10.1.37をサポートしました。
  • Percona Server 5.7.23-25をサポートしました。
  • MariaDB 10.3.11をサポートしました。
  • MySQL 5.6.42をサポートしました。
  • MySQL 5.7.24をサポートしました。

訂正: MySQL 8サポートの記載を削除しました。

MySQL 8に対応したとお伝えししましたが、現在も対応中となります。 誤った情報をお伝えしてしまいすみませんでした。

おわりに

8.07からの詳細な変更点は8.09リリース - 2018-11-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2018-09-29

Mroonga 8.07リリース!

今日は肉の日ですね。

Mroonga 8.07 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

  • tokenizerの off オプション指定は非推奨になりました
  • MariaDB 10.1.36をサポートしました

tokenizerの off オプション指定は非推奨になりました

トークナイザーの種類をtokenizerのオプションに指定できますが、off オプションの指定は非推奨になりました。 今後は none を使うようにしてください。

変更前:

FULLTEXT INDEX (content) COMMENT 'tokenizer "off"'

変更後:

FULLTEXT INDEX (content) COMMENT 'tokenizer "none"'

このようにした理由は、ノーマライザーやPGroongaでの指定が none なのでそちらにあわせるようにしたためです。

MariaDB 10.1.36をサポートしました

MariaDB 10.1.36以降にはいった変更でMroongaがビルドできなくなっていた問題を修正しました。 この修正にあわせて、MariaDB 10.2系では10.2.2(2016年9月27日リリース)以前のバージョンをサポートしなくなりました。

おわりに

8.06からの詳細な変更点は8.07リリース - 2018-09-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!