Mroongaブログ

2017-10-29

Mroonga 7.08リリース!

Mroonga 7.08 をリリースしました!

変更点

今月の変更点は以下の通りです。

  • Mroongaでテーブルを作成する際に、Groongaのテーブルフラグを指定できるようになりました
  • Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) をサポートしました

Mroongaでテーブルを作成する際に、Groongaのテーブルフラグを指定できるようになりました

いままでは、Mroongaで CREATE_TABLE する際に、Groongaのテーブルフラグを指定することが出来ませんでした。 そのため、大きなキーを大量に保存するテーブルを作成するためには、 mroonga_command を使って、Groongaの table_create コマンドを呼び出す必要がありGroongaに詳しくない人にとって、大きなキーを大量に保存するテーブルを作成するのは、難しい作業でした。 今回のリリースでは、Mroongaでテーブルを作成する際に、 KEY_LARGE フラグを指定出来るようになりました。CREATE_TABLE 時に KEY_LARGE を指定することでGroongaのコマンドを知らなくても、大きなキーを大量に保存するテーブルを作成出来るようになりました。

KEY_LARGE の指定方法は以下の通りです。

CREATE TABLE diaries (
  id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
  content VARCHAR(255),
  FULLTEXT INDEX (content)
) ENGINE = Mroonga COMMENT = 'engine "InnoDB"' DEFAULT CHARSET utf8 flags "TABLE_HASH_KEY|KEY_LARGE";

flags に指定できる各フラグの詳細はGroonga v7.0.8ドキュメント - 7.3.59.4.2.1.flagsを確認してください。

Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) をサポートしました

今回のリリースでは、今月リリースされたばかりのUbuntu 17.10 (Artful Aardvark) をサポートしました。
PPAからインストールすることができます。

おわりに

7.07からの詳細な変更点は7.08リリース - 2017-10-29を確認してください。

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!