Mroongaブログ

2022-06-06

Mroonga 12.04リリース!

Mroonga 12.04 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

改良

  • サーバ変数 新しいサーバー変数 Mroonga_memory_map_size を追加しました。

    以下のように、Mroongaのメモリーマップサイズの合計を取得できます。

      mysql> SHOW STATUS LIKE 'Mroonga_memory_map_size';
      +-------------------------+----------+
      | Variable_name           | Value    |
      +-------------------------+----------+
      | Mroonga_memory_map_size | 83406848 |
      +-------------------------+----------+
      1 row in set (0.00 sec)
    

    Windowsでは、Mroogaが物理メモリーとスワップ領域を使い果たした場合、それ以上メモリーをマップすることができません。そのため、この値を監視することで、メモリーが十分でない環境でもメモリーマップサイズを適切にコントロールできます。

  • CentOS, AlmaLinux Percona Server 8.0.28-19をサポートしました。

  • CentOS, AlmaLinux Percona Server 5.7.38-41をサポートしました。

  • CentOS, AlmaLinux MariaDB 10.2.44, 10.3.35、10.4.25、10.5.16、10.6.8、10.7.4をサポートしました。

修正

  • Mroongaのアップデートに失敗することがある問題を修正しました。

    この問題が発生した場合、"apt update"等でMroongaを更新した後、Mroongaが無効になります。その場合、以下の手順でMroongaを手動でインストールしてください。

      % mysql -u root < /usr/share/mroonga/install.sql
    

おわりに

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2022-05-06

Mroonga 12.03リリース!

Mroonga 12.03 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

改良

  • [CentOS] Percona Server 5.7.37-40をサポートしました。

  • [CentOS] MySQL 5.7.38をサポートしました。

  • [CentOS][AlmaLinux] MySQL 8.0.29をサポートしました。

修正

  • MariaDB 10.5.14 上でMroongaがインデックスの作成に失敗することがある問題を修正しました。

  • 全文検索でメモリーリークする問題を修正しました。

    この問題は、order limitの最適化 が使われた時に発生します。ただし、MariaDBを使っている場合はこの最適化を使っていなくても発生します。

    この問題は、 Mroonga 11.03以降で発生していました。

おわりに

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2022-03-29

Mroonga 12.02リリース!

Mroonga 12.02 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

改良

  • MySQL 8.0以降でラッパーモードのサポートをやめました。

  • サーバー変数を使って、バックトレースを無効にできるようになりました。

    "SET GLOBAL mroonga_enable_back_trace = false;" とすることで、バックトレースを無効にできます。

  • 重み付きベクターの重みに float32 型を追加しました。

    float32 で重みを格納できます。この機能を使うには、カラムを定義する時に WEIGHT_FLOAT32 フラグを追加する必要があります。

  • CentOS, AlamLinux MariaDB 10.3.34、10.4.24、10.5.15、10.6.7、10.7.3をサポートしました。

  • CentOS MariaDB 10.2.43をサポートしました。

  • CentOS, AlamLinux Percona Server 8.0.27-18をサポートしました。

  • MISSING_*INVALID_* フラグをサポートしました。

    これらのフラグの詳細は、 https://groonga.org/ja/docs/news.html#release-12-0-2 を参照してください。

おわりに

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2022-02-09

Mroonga 12.00リリース!

Mroonga 12.00 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

改良

  • Ubuntu Ubuntuの mysql-server パッケージの最新バージョンをサポートしました。

    以下のバージョンをサポートしました。

    • Ubuntu 18.04 LTS (bionic) mysql-server (5.7.37-0ubuntu0.18.04.1)
    • Ubuntu 20.04 LTS (focal) mysql-server (8.0.28-0ubuntu0.20.04.3)
    • Ubuntu 21.10 LTS (impish) mysql-server (8.0.28-0ubuntu0.21.10.3)
  • CentOS MariaDB 10.2.42, 10.3.33, 10.4.23, 10.5.14, 10.6.6 をサポートしました。

  • AlmaLinux MariaDB 10.3.33, 10.4.23, 10.5.14, 10.6.6 をサポートしました。

おわりに

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!

2022-01-29

Mroonga 11.13リリース!

Mroonga 11.13 をリリースしました!

変更点

今回の変更点は以下の通りです。

改良

  • CentOS MySQL 5.7.37をサポートしました。

  • CentOSAlmaLinux MySQL 8.0.28をサポートしました。

    MySQL 8.0 のパッケージには以下の制限があります。

  • CentOSAlmaLinux Percona Server 8.0.26-17をサポートしました。

おわりに

それでは、Mroongaでガンガン検索してください!